タブレットに通話機能はあるか?

最終更新日:2017年4月11日

タブレットに通話機能? 最初はタブレットに通話機能をつける必要がどこにあるのかと困惑しましたが、いろいろ思考を巡らせた結果、人によってはタブレットに通話機能があると便利なのかもしれないと考えが変わりました。

たとえば、中高年以上で視力の弱い人であれば画面の小さいスマホよりもタブレットを主に使いたいのであれば、わざわざスマホとタブレットに分けずに通話機能をつけて一つにしてもよいかもしれません。

その他の人でも、スマホが故障したときなどの代替品として使用可能な2台目の端末としてタブレットを持っておくこともできます。

そうなると、タブレットの通話機能に需要があってもおかしくありません。通話できないのであればスマホのスペアとしては不足があります。

基本的にはタブレットに通話機能はない

スマホはスマートフォンというぐらいですから通話機能がなければ成り立ちませんが、タブレットに通話機能の有無は関係ありません。なくったってよいものですので、基本的についてないものと考え、注意して選んだ方が賢明です。

通話機能のあるタブレットもある

基本的にはタブレットには通話機能はありませんが、中には通話機能のついているものもあります。その中でも特に6インチ、7インチ程度のものをファブレットと呼ぶこともあります。

タブレットは通話には不向きなサイズ

通話機能のついたタブレットもあるにはありますが、通話機能を快適に使えるのかは疑問です。

周囲を気にしなければならない

タブレットのサイズともなると、スマホのように片手で持って耳に当てた状態で話すのは大変です。耳当てせずに通話するとなると、スピーカーとして利用することになるので、周囲の人にも通話内容を聴かれてしまいます。たとえ、自分はよくても、通話相手は他の人にも聞かれているとは思わないのでよい気持ちはしないと思います。

だからといって、仮に耳に当てた状態で通話できたとしても見た目が不格好です。

発信は良いとしても受信は不便

上の点を無視して使用した場合、こちらから相手に電話を掛けるのは良いとしても、受信はやはり不便です。

タブレットはスマホよりもサイズが大きいので、ズボンのポケットなどの取り出しやすい場所にしまって持ち歩くのは難しく、鞄などに入れて持ち歩くことになります。

そなると、電話を受けたときに鞄が取り出さなければならないのは不便。そもそも、鞄の中に入れていたのであれば受信していることに気付かない恐れもあります。

タブレットは一時しのぎのスマホのスペアに使える

タブレットにも通話機能をついたものもありますので、そういったものを選んでもしものときの対応として、メインに使用しているスマホからSIMを移し替えてスペアとして使うこともできます。

ただし、通話用端末として最適とは言いにくいのであくまでも一時しのぎの使い方になります。

通話機能の有無で選ぶネット回線が変わってくる

スペアとしてでなく、普段からタブレットを通話用端末として利用したい場合には、ネット回線選びに気を付けてください。回線選びを間違えると通話機能を使いたくても使えなくなってしまいます。

タブレットには、セルラーモデルのようにキャリアの回線を利用する方法もあれば、Wi-Fi接続を利用する方法もあります。ですが、携帯電話の電話番号を利用するような通話に必要な回線は、データ通信回線とは異なります。通話には通話用の回線が必要です。

タブレットに通話機能がついていても、Wi-Fi接続では通話機能は使用できません。

SIM選びに迷ったら、半年間月額3円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら半年間月額3円で利用できます※。
※2017/9/20確認時点。その他、事務手数料などはかかります。
詳しくはこちら:「DTI SIM」お試しプラン
radikoやSpotifyの標準音質なら200Kbpsでも再生可能
低速通信へ切り替え可能な格安SIMなら通信量の節約も期待できます。当サイトで紹介してるタブレットセットのある格安SIMの中にも、切り替え機能をもったものもあります。
タブレットセットのある格安SIM
タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。
ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ