タブレットのSIMフリーモデルとWi-Fiモデルの比較

最終更新日:2017年9月19日

タブレットのSIMフリーモデルとWi-Fiモデルは使える回線が異なるので、あまり迷うことのないようにも見えますが、いろいろな場面を想定するとだんだんどちらがよいのかわからなくなってきます。

タブレットのモデルによる価格差

タブレットはSIMフリーモデルとWi-Fiモデルとの間に価格差があります。当然、LTEもWi-Fiも対応しているSIMフリーモデルの方が高価です。

低価格帯製品では価格差はそこまで大きくない

どのモデルでも同じ値段であれば、SIMフリーモデルを選ぶと思います。ですが、そこで1万円以上の差がついてしまうとWi-Fiモデルでも十分と思いやすいです。

ハイエンドなタブレットについてはそのくらいの価格差が出ることもあります。

ですが、低価格帯のものではそこまでの差はありません。製品によっては3,000円~5,000円程度の差しかないものもあります。

SIMフリータブレットでも2万円台から買える

SIMフリーモデルというと高価な印象を持っているかもしれません。ですが、SIMフリーのタブレットでもお手頃価格で入手できます。

SIMフリーモデルは格安SIMを使いやすいことがメリットですから、タブレットセットのある格安SIMから例をいくつか紹介します。

※スペック、価格の最終確認は各販売先で行ってください。
※価格は税抜表示です。
※商品は品切れとなっていることがあります。
※端末代の一括払いを選べないところの紹介はやめました。なお、mineoとIIJmioは分割払いも選べます。

【SIMフリータブレットと格安SIMセットの例】
格安SIM
販売先
品名 価格
mineo MediaPad T2 8.0 Pro 22,800円
LINEモバイル MediaPad T3 19,980円
IIJmio MediaPad M3 Lite 10 32,800円
ZenPad 10 29,800円
YOGA BOOK 52,800円
ZenPad 3 8.0 32,800円

なお、格安SIMでLTEを使うか、WiMAXのようなモバイルWi-Fiを使うかについては、タブレットのネット接続方法はWi-Fiか、LTEか?両方にしたと重複していたので、このページでは省きました。

Wi-Fiモデルで格安SIMを利用したくなった場合

SIMフリーモデルではなく、Wi-Fiモデルを選んだ場合、格安SIMの回線を経由してネット利用するならWi-Fiルーターやテザリングが必要になります。

モバイルWi-Fiルーターの場合

Wi-Fiルーターでネット接続するなら、当然、そこにはルーター端末代も必要となってきます。

【モバイルWi-Fiルーターと格安SIMセットの例】
格安SIM
販売先
品名 価格
mineo Aterm MR05LN 22,800円
E5577 9,600円
SI-LA 15,600円
IIJmio Aterm MR05LN 22,000円
Si-L10 12,800円

格安SIMを差して使えるようなルーターについては、中古品でもない限り、高価な端末代をそのまま支払うことになります。そのため、せっかく、タブレット端末代がSIMフリーモデルより安くても、あまりメリットがありません。

※ただし、時期によっては、回線とのセット割引キャンペーンによって安く購入できることもあります。

格安スマホテザリングの場合

格安スマホを持っているなら、ルーターがなくてもテザリングで格安SIMの回線を使えることもあります。ただし、テザリングはテザリングでデメリットがあります。

電池の消耗

テザリングでもWi-Fiテザリングは電池を大きく消耗します。節約しながら使いたいのであればBluetoothテザリングを使ってください。

通信速度

Bluetoothテザリングは電力消費を抑えられる代わりに、通信速度が犠牲となります。

格安SIMと機種の組み合わせ

テザリングを行う端末を格安SIMで運用する場合、機種と格安SIMの組み合わせによってはテザリングを行えないことがあります。

迷ったらSIMフリーモデルがおすすめ

固定回線などによって自宅のWi-Fi環境が整っており、絶対に自宅内でしか使わないというのであればWi-Fiモデルでもよいと思いますが、それ以外の場合で迷っているなら個人的にはSIMフリーモデルの方がおすすめです。

タブレットをネットに接続するのに、モバイルルーターなど外部の機器が必要なのはやはり面倒です。SIMカードを入れてタブレットだけですぐ繋がる状態にしておく方が楽です。

たとえ、格安SIMの通信量では足りずにWiMAXを使うようになったとしても、格安SIMとWiMAXで併用するメリットもあります。

格安SIMとWiMAXで併用するメリットについてはこちら

SIM選びに迷ったら、半年間月額3円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら半年間月額3円で利用できます※。
※2017/9/20確認時点。その他、事務手数料などはかかります。
詳しくはこちら:「DTI SIM」お試しプラン
radikoやSpotifyの標準音質なら200Kbpsでも再生可能
低速通信へ切り替え可能な格安SIMなら通信量の節約も期待できます。当サイトで紹介してるタブレットセットのある格安SIMの中にも、切り替え機能をもったものもあります。
タブレットセットのある格安SIM
タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。
ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ