格安SIM(MVNO)のタブレットセット契約の特徴

最終更新日:2017年9月20日

格安SIMの存在は知っていたけどよくわからなくて敬遠していた人ほど、使い始めるならタブレットとのセットからがおすすめです。

スマホで格安SIMを使うとなると、利用頻度が高く、失敗するリスクを考えると億劫になってしまいます。その割に、MNP(モバイルナンバーポータブル)で今まで使用していた電話番号のまま乗り換える手続きをしなければならない、今まで使っていたメールアドレスはどうなるの、といったわかりにくい点もいくつかあります。

その分、タブレットは電話番号を移すこともなく、すでに使用しているスマホはそのままにサブ端末としての利用で済みます。格安SIMを試してみるには絶好の機会です。

格安SIMのメリット

格安SIMを試す価値とは何なのかを見てみましょう。そこに価値を見出せないのであれば、無理に格安SIMを選ぶこともありません。

データ通信SIMなら契約期間の縛りのないものが一般的

格安SIMには主に音声通話SIMとデータ通信SIMがあります。このうち、データ通信SIMは契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金の支払いが生じないものがほとんどです。

サブ端末として利用するタブレットでは、データ通信SIMでも十分に目的を果たせるため、契約期間を気にすることなく、気軽に使えます。

月額1,000円未満でも利用できる

モバイル回線には最低利用料金の高いものもありますが、格安SIMなら1,000円以内に収めることもできます。格安SIMでもデータプランの他にプロバイダー基本料金を支払わなければならないところはあるものの、基本料金は200円程度といったように少額なものがほとんどです。

格安SIMのデメリット

一方で格安SIMにもデメリットがあります。

回線が混雑しやすい

格安SIMは自前でモバイル回線を持っているわけではなく、回線事業者から間借りして利用者に提供しています。その影響もあって、設備投資が不十分で利用者の多い時間帯・場所では回線が混雑しやすくなっています。

タブレット・格安SIMセットの契約

格安SIMの魅力がわかったところで、タブレットセットの紹介に移ります。データ通信SIMのみの契約とは多少異なるところもあります。

セット契約の解約には注意

データ通信SIMは解約時期をほとんど気にせずに利用できるという話でしたが、タブレットセットでは多少事情が異なります。タブレットセットでは、格安SIMの利用料以外にタブレット端末代の支払いもあります。

当然、端末代を支払い終える前に何の費用も支払わずに解約できるわけではありません。

セット契約できるところは限られている

格安SIMを契約するあたって、購入するタブレットの機種はその格安SIMでの動作確認が取れているものの方が安心です。そうなると、セットで購入してしまうのがよさそうですが、格安SIMのタブレットセットを扱っているところは、スマホセットを扱っているところより少ない業者しかありません。

セット端末でも一部の利用用途には注意

セット端末ならWebサイトの閲覧などではまず心配はないと思います。ですが、通話機能、SMS(ショートメッセージ)、テザリングの利用などは機種ごとの確認が必要です。

たとえば、ドコモ・au回線対応機種であっても、通話機能はドコモ回線ならOKでもau回線はNGといった機種もあります。また、そもそもau回線では動作確認端末一覧に含まれていないといったこともあるので注意してください。

とはいえ、タブレットには元々通話機能の備わっていない機種も多く、通話機能目的でタブレット端末を選ぶことは少ないと思います。Webサイト閲覧のような基本的な用途での使用と考えれば、過度に心配することはありません。

セット端末はたいていAndroid

格安SIMとのセット端末になっている端末は、たいていはAndroidです。その他のOSのタブレットが欲しければ、端末とSIMカードは別々に購入する方が探しやすいです。

ただし、格安SIMをタブレットで試して気に入れば、今後はスマホも格安SIMにしたいと考えているのなら、たとえAndroid端末の利用が初めてで慣れていないとしても、選んでみる価値はあります。

その理由は、端末代です。格安SIMは月額利用料は低価格ですが、端末購入時の端末代補助費のような割引はあまり期待できません。

スマホを格安SIMで運用するとなると、値段の高い機種は選びにくくなり、Androidに変えたくなることも考えられます。Androidなら端末代を低価格に抑えることもできるためです。

そうなったとき、タブレットもAndroidを購入しておけば、タブレットもスマホも両方Androidであわせられます。

タブレットセットのある格安SIM

タブレットセットのある格安SIMをいくつか紹介します。

※スペック、価格の最終確認は各販売先で行ってください。
※価格は税抜表示です。
※時期によって商品は品切れとなっている場合があります。
※端末代の一括払いを選べないところの紹介はやめました。

mineo

mineo

アプリによる高速/低速切替機能:あり

mineoの特徴は、低速通信(最大200Kbps)の制限の緩さです。低速通信なら通信量を気にせずに利用できます。

取り扱いタブレット
MediaPad T2 8.0 Pro(Huawei)
OS:Android 6.0
サイズ:8インチ
縦横サイズ比:16:10(動画視聴向き)
解像度:1920:1200
重量:約340g
メモリ:2GB
ストレージ:16GB
バッテリー容量:4,800mAh
販売価格:22,800円(分割なら950円×24ヶ月)
月額利用料金
データSIMの月額料(2017/9/1確認)
docomo au
500MB 700円 700円
1GB 800円 800円
3GB 900円 900円
6GB 1,580円 1,580円
10G 2,520円 2,520円
20GB 3,980円 3,980円
30GB 5,900円 5,900円

+SMS:+120円(ドコモ回線のデータSIM)

公式サイト:mineo

IIJmio

アプリによる高速/低速切替機能:あり

低速通信にも厳しい通信量制限があります。なお、IIJmioにはデータ通信SIMでも最低利用期間があります。

取り扱いタブレット
MediaPad M3 Lite 10(Huawei)
OS:Android 7.0 Nougat
サイズ:10.1インチ
縦横サイズ比:16:10(動画視聴向き)
解像度:1920:1200
重量:約460g
メモリ:3GB
ストレージ:32GB
バッテリー容量:6,660mAh
販売価格:32,800円(分割なら1,380円×24ヶ月)
その他のタブレット
YOGA BOOK(Lenovo)、ZenPad 3 8.0(ASUS)、ZenPad 10(ASUS)
月額利用料金
データSIMの月額料(2017/9/1確認)
docomo au※3
3GB 900円 900円
6GB 1,520円 1,520円
10GB 2,560円 2,560円

※3 IIJmioのau SIMはデータSIMではなく、SMS付データSIMになります。

+データオプション20GB、30GB:+3,100円、+5,000円

公式サイト:IIJmio

LINE mobile

LINEモバイル

アプリによる高速/低速切替機能:なし

取り扱いタブレット
MediaPad T3(Huawei)
OS:Android 7.0 Nougat
サイズ:8インチ
縦横サイズ比:16:10(動画視聴向き)
解像度:1280:800
メモリ:2GB
ストレージ:16GB
バッテリー容量:4,800mAh
販売価格:19,980円
月額利用料金
データSIMの月額料(2017/9/1確認)
docomo au
1GB※1 500円
3GB※2 1,110円
5GB※2 1,640円
7GB※2 2,300円
10GB※2 2,640円

※1 LINEフリー:カウントフリー対象はLINE
※2 コミュニケーションフリー:カウントフリー対象はLINEの他、一部のSNS

さらに、※2の容量は+MUSICプランも選べます。また、※2についてはデータSIMではなく、SMS付データSIMになります。

LINEモバイルの申し込みページについて:音声通話SIMのみの申し込みのように見えますが、手順を進めていくとSIMの種類の選択でデータSIMも選べます。

公式サイト:LINEモバイル

タブレットセットでなければ自分で動作確認を調べる

タブレットセットを紹介しましたが、もちろん格安SIMのみ契約してタブレットは自分で別途調達するのでもOKです。ただし、セットで購入するよりも動作確認といった注意して調べなければならないことが増えます。

私は先に契約していた格安SIMを使う目的でタブレットを購入しましたが、ちゃんと動くかどうか、実際に使うまでに多少不安がありました。

SIM選びに迷ったら、半年間月額3円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら半年間月額3円で利用できます※。
※2017/9/20確認時点。その他、事務手数料などはかかります。
詳しくはこちら:「DTI SIM」お試しプラン
radikoやSpotifyの標準音質なら200Kbpsでも再生可能
低速通信へ切り替え可能な格安SIMなら通信量の節約も期待できます。当サイトで紹介してるタブレットセットのある格安SIMの中にも、切り替え機能をもったものもあります。
タブレットセットのある格安SIM
タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。
ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ