格安SIM(MVNO)のタブレットセット契約の特徴

格安SIMの存在は知っていたけどよくわからなくて敬遠していた人ほど、使い始めるならタブレットとのセットからがおすすめです。

スマホで格安SIMを使うとなると、利用頻度が高く、失敗するリスクを考えると億劫になってしまいます。その割に、MNP(モバイルナンバーポータブル)で今まで使用していた電話番号のまま乗り換える手続きをしなければならない、今まで使っていたメールアドレスはどうなるの、といったわかりにくい点もいくつかあります。

その分、タブレットは電話番号を移すこともなく、すでに使用しているスマホはそのままにサブ端末としての利用で済みます。格安SIMを試してみるには絶好の機会です。

格安SIMのメリット

格安SIMを試す価値とは何なのかを見てみましょう。そこに価値を見出せないのであれば、無理に格安SIMを選ぶこともありません。

データ通信SIMなら契約期間の縛りのないものが一般的

格安SIMには主に音声通話SIMとデータ通信SIMがあります。このうち、データ通信SIMは契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金の支払いが生じないものがほとんどです。

サブ端末として利用するタブレットでは、データ通信SIMでも十分に目的を果たせるため、契約期間を気にすることなく、気軽に使えます。

月額1,000円未満でも利用できる

モバイル回線には最低利用料金の高いものもありますが、格安SIMなら1,000円以内に収めることもできます。格安SIMでもデータプランの他にプロバイダー基本料金を支払わなければならないところはあるものの、基本料金は200円程度といったように少額なものがほとんどです。

格安SIMのデメリット

一方で格安SIMにもデメリットがあります。

回線が混雑しやすい

格安SIMは自前でモバイル回線を持っているわけではなく、回線事業者から間借りして利用者に提供しています。その影響もあって、設備投資が不十分で利用者の多い時間帯・場所では回線が混雑しやすくなっています。

タブレット・格安SIMセットの契約

タブレットセットの契約は、データ通信SIMのみの契約とは多少異なるところもあります。

セット契約の解約には注意

データ通信SIMは解約時期をほとんど気にせずに利用できるという話でしたが、タブレットセットでは多少事情が異なります。タブレットセットでは、格安SIMの利用料以外にタブレット端末代の支払いもあります。

当然、端末代を支払い終える前に何の費用も支払わずに解約できるわけではありません。

セット契約できるところは限られている

格安SIMを契約するあたって、購入するタブレットの機種はその格安SIMでの動作確認が取れているものの方が安心です。そうなると、セットで購入してしまうのがよさそうですが、格安SIMのタブレットセットを扱っているところは、スマホセットを扱っているところより少ない業者しかありません。

セット端末でも一部の利用用途には注意

セット端末ならWebサイトの閲覧などではまず心配はないと思います。ですが、通話機能、SMS(ショートメッセージ)、テザリングの利用などは機種ごとの確認が必要です。

たとえば、ドコモ・au回線対応機種であっても、通話機能はドコモ回線ならOKでもau回線はNGといった機種もあります。また、そもそもau回線では動作確認端末一覧に含まれていないといったこともあるので注意してください。

とはいえ、タブレットには元々通話機能の備わっていない機種も多く、通話機能目的でタブレット端末を選ぶことは少ないと思います。Webサイト閲覧のような基本的な用途での使用と考えれば、過度に心配することはありません。

セット端末はたいていAndroid

格安SIMとのセット端末になっている端末は、たいていはAndroidです。その他のOSのタブレットが欲しければ、端末とSIMカードは別々に購入する方が探しやすいです。

ただし、格安SIMをタブレットで試して気に入れば、今後はスマホも格安SIMにしたいと考えているのなら、たとえAndroid端末の利用が初めてで慣れていないとしても、選んでみる価値はあります。

その理由は、端末代です。格安SIMは月額利用料は低価格ですが、端末購入時の端末代補助費のような割引はあまり期待できません。

スマホを格安SIMで運用するとなると、値段の高い機種は選びにくくなり、Androidに変えたくなることも考えられます。Androidなら端末代を低価格に抑えることもできるためです。

そうなったとき、タブレットもAndroidを購入しておけば、タブレットもスマホも両方Androidであわせられます。

タブレットセットのある格安SIM

タブレットセットのある格安SIMをいくつか紹介します。

※スペック、価格の最終確認は各販売先で行ってください。
※価格は税抜表示です。
※時期によって商品は品切れとなっている場合があります。

【セットのタブレット機種 2017.10/7確認】
mineo IIJmio LinksMate
MediaPad T2 8.0 Pro MediaPad M3 Lite 10
ZenPad 3 8.0
ZenPad 10
YOGA BOOK
ZenPad 10

1機種しかラインアップのないところもあるため、各社1機種のスペックも紹介しておきます。

MediaPad
T2 8.0 Pro
MediaPad
M3 Lite 10
ZenPad 10
OS Android 6.0 Android 7.0
Nougat
Android 7.0
サイズ 8インチ 10.1インチ 10.1インチ
解像度
(縦横サイズ比)
1920:1200
(16:10)
1920:1200
(16:10)
1920:1200
(16:10)
重量 約340g 約460g 約490g
メモリ 2GB 3GB 2GB
ストレージ 16GB
(microSD:最大128GB)
32GB
(microSD:最大128GB)
16GB
(microSD:最大128GB)
バッテリー容量 4,800mAh 6,660mAh 4,680mAh
支払い方法 一括払い
分割払い
一括払い
分割払い
一括払い
分割払い
SIMセット販売先 mineo IIJmio LinksMate

気に入った機種がない場合

月額利用料

mineo、IIJmioはドコモ回線、au回線のどちらかを選べます。ここではドコモ回線の料金を紹介します。

【データSIM(ドコモ系)の月額料 2017.10.7確認】
mineo IIJmio LinksMate※2
500MB 700円
1GB 800円 500円※3
3GB 900円 900円
5GB 1,500円
6GB 1,580円 1,520円
10GB 2,520円 2,560円 2,500円
20GB 3,980円 – ※1 4,200円
30GB 5,900円 – ※1 5,400円
+SMS +120円 +140円 +0円

※1 +データオプション20GB、30GB:+3,100円、+5,000円
※2 LinksMateについては、SMSつきデータSIM
※3 1GBプランでは、通信速度が最大2Mbpsなど、他の容量プランとはいくつか異なる点があります。

その他、LinksMateでは+500円でカウントフリーオプションをつけられます。詳細はこの下のLinksMateの特徴で紹介。

各社の特徴

mineo

mineo

端末購入時のみ加入できるオプション:あり

アプリによる高速/低速切替機能:あり

mineoの特徴は、低速通信(最大200Kbps)の制限の緩さです。低速通信なら通信量を気にせずに利用できます。

200Kbpsについて:
他社SIMで試した結果(タブレット用に格安SIMを使ってみたで紹介)ではありますが、通信量上限超過後の200Kbpsに制限された状態であっても、radikoやSpotifyの標準音質であれば再生できています(再生開始時の読み込みに多少時間を要します)。

公式サイト:mineo

IIJmio

端末購入時のみ加入できるオプション:あり

アプリによる高速/低速切替機能:あり

タブレットにおすすめなオプション:日経ビジネスDigital、タブホ(雑誌読み放題サービス)

低速通信にも通信量制限があります。なお、IIJmioにはデータ通信SIMでも最低利用期間(利用開始日の翌月末日まで)があります。

公式サイト:IIJmio

LinksMate

端末購入時のみ加入できるオプション:あり

高速/低速切替機能:あり(マイページでの設定)

なお、低速通信にも通信量制限があります。

LinksMateの特徴はカウントフリーオプションです。このオプションに加入することで、対象コンテンツの利用における通信量を90%OFFにできます。

ゲーマー向けの印象は強いものの、AbemaTVやAWA、Twitterのような非ゲーマーにも嬉しいコンテンツも対象となっているなど、それ以外の人にも検討価値があります。

もちろん、ゲームによっては特典がもらえるなど、ゲーム目的でタブレットを購入するなら検討したい格安SIMのひとつです。様々なソーシャルゲーム、ゲーム実況配信サービスのOpenrecもカウントフリーの対象となっています。

公式サイト:LinksMate

タブレットセットに気に入る機種がない場合

いくつかタブレットセットを紹介しました。上のセットで気に入った機種がない場合、他の格安SIM業者のセットを探してみるのもよいです。現在(2017年時点)、600社以上存在するともいわれています。

ただし、そもそもタブレットセットを扱っていなかったり、扱っていてもやはり1機種のみなど少ないことも考えられます。さらに、気に入る機種はあっても、今度は格安SIMの内容が気に入らないことも考えられます。

そうなると、無理してセットを選ばずに、タブレットは別途調達する方が早いかもしれません。

SIMフリータブレットなら自分で動作確認を調べる

格安SIMのみ契約して、タブレットは自分で別途調達するのでもOKです。ただし、セットで購入するよりも動作確認といった注意して調べなければならないことが増えます。

加えて、発売されたばかりの最新機種は、業者側での動作確認が済んでいない可能性も高くなります。そういったものについては、ちゃんと動くかどうか、実際に使ってみるまで不安が残ります。

動作確認に不安がある場合は、Wi-Fiルーターセット

タブレットのSIMの動作確認を調べるのに不安があるなら、タブレットにSIMを挿さずにWi-FiルーターにSIMを挿し、Wi-Fi接続でタブレットを利用する方法もあります。

こういった方面に明るくない人であれば、こちらの方が簡単です。その場合は、タブレットはSIMフリーモデルでなく、Wi-Fiモデルでもよくなります。

【モバイルWi-Fiルーターと格安SIMセットの例 2017.10.14確認】
格安SIM
販売先
品名
mineo Aterm MR05LN
E5577
SI-LA
IIJmio Aterm MR05LN
LinksMate E5577
FS030W

あるいは、固定回線を引かずに自宅内でもSIMの回線を利用するつもりだった場合でも、SIMフリーのホームルーターを使えば格安SIMでWi-Fi環境を構築できます。

【Wi-Fiルーターと格安SIMセットの例 2017.10.14確認】
格安SIM
販売先
品名
IIJmio Aterm HT100LN SW
novas HOME+CA FREE

モバイルルーターにしろホームルーターにしろ、Wi-Fiルーターに格安SIMを挿すなら、タブレットのみでなく、スマホなどの他のモバイルデバイスでも利用できます。

そのため、タブレットがほとんど自宅専用の予定であっても、普段はスマホなどの他のものに利用するといったような使い方もできます。

タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの使い方・活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。

ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ