タブレットのOS選び 最終的にAndroidにした。

タブレット選びをiPad、Androidのタブレットのどちらにするかについて決めることから始める人も多いかもしれません。iPadとAndroidの違いと言えばOSです。AndroidにはもちろんOSはAndroidが入っていますが、iPadにはiOSが入っています。自分のものではないものの過去に使用経験のあるiPadか、タブレットでは初のAndroidかで迷いましたが、最終的にはAndroidを選びました。

※ページの内容は、購入後に気づいた注意点なども、随時、加筆・修正を行っています。

OSの種類

一応、タブレットのOSの種類を確認しておきます。

  • iOS(Apple)
  • Android(Google)
  • Windows(MicroSoft)

タブレットのOSはiOS、Android以外にも、Windowsを加えて、上の3つが主となります。ただし、3つの中でWindowsは他2つと比べると影の薄い存在となっており、シェアが小さいと対応アプリが増えないのではないかと少し心配です。

タブレットの俗称

Androidは泥タブ、Windowsは窓タブと呼ばれることがあります。公式サイトや販売店サイトなどではあまり使われませんが、口コミだけに絞って探したいときには、このようなキーワードで検索してみるのも見つけやすいです。

OSの選び方

OSなんてそんなに普段気にしないという人でも、いざ購入となると迷ってしまうことも多いと思います。そんなときには、下のような基準で選んでみてはどうでしょうか?タブレット購入時にはなかった知識も加えていますが、端末の知識を持っていなくても選択肢を絞れます。

使用したいアプリで選ぶ

タブレットでは様々な機能をもったアプリをインストールして使います。どんなアプリを入れられるかで、そのタブレットでどんなことができるかが決まってくるとも言えます。OSによって対応アプリが異なりますので、使いたいアプリがあるのであればそれが対応しているかどうかを見るのがよいです。

iOS、Androidの両方対応しているアプリも多い

アプリで選ぶのがよいといったものの、メジャーなアプリは両方とも対応しているものも多くあります。ただ、最近話題になった任天堂のスーパーマリオランはAndroid版の配信開始がiOS版より数ヶ月も遅いと、そんなようなこともあります。

Androidアプリの安全性

AndroidのアプリはGoogle Playからダウンロードできますが、Google Playではアプリ配信可否をチェックする事前審査がありません。そのため、アプリの安全性を疑問視する声もあります。

ただ、まったく何も対策がなされていないわけではもちろんありません。スパム行為を行うWebサイトを検索エンジンがアルゴリズムではじくように、Google Playでも自動判定による削除などは行われています。これに加えて、アプリのインストールの際に自己で注意を払っていけば、問題のあるアプリをインストールする恐れは少なくできると思います。

既存の使用アカウントで選ぶ

タブレットにアプリをインストールするには、Google Playなどを使うためのアカウントの作成・登録を伴います。タブレットで利用するアカウントはタブレット専用のものではなく、他端末で利用するものと一緒ですので、すでにスマホの利用などでアカウントを取得しているのであれば、タブレットも同じアカウントを利用できるものを選んでおくと登録の手間を省けます。

端末価格で選ぶ

iOSはApple製の端末にしか搭載されていません。そのため、タブレットならiPadしか選択肢がなく、それだけでおおよその値段は決まってきます。一方のAndroidは、OS開発元であるGoogleもNexusのような独自タブレットも販売してはいるものの、他メーカー製のタブレットもあり、様々な価格帯の商品があるのが特徴です。

コストパフォーマンス重視ならAndroid

OSにiOSを選ぶなら、商品はiPadシリーズしかありませんので、ある程度の出費を覚悟しなければなりません。もし、低価格で手の届きやすいものを希望するのであればAndroidです。いろいろなメーカーから出されているだけあって、低価格の商品もあります。

スマホの価格も考慮した方がよい場合もある

タブレット端末代はOS違いによる大きな価格差がないとしても、スマホ端末代で差が出る可能性もあります。

たとえば、iPadとAndroidを比べて、タブレットの価格差は許容範囲内に収まったとします。ですが、iPadを選んだことで、その後のスマホ選びでiPhoneにしたいということになると、そこでAndroidスマホとの間で大きな価格差が生じる可能性もあります。

スマホとタブレットを同一OSにあわせたい場合は、スマホ端末代にも注意してください。

自分はAndroidにした

iOSを選ぶならiPadしか選べないという時点で最初からAndroidへ気持ちが傾いていたのですが、やっぱりAndroidになりました。iPadは日本での人気も高く、みんなで同じものを持つようになってしまうのもつまらないと感じていたのもあります。

タブレット購入時には既存アカウントへの意識はあまりしていませんでしたが、実際にタブレットを使用した際にアカウントが必要であることに気付き、すでに持っていたGoogleアカウントをそのまますぐに使えて楽でした。

変なアプリをインストールしてしまわないかという不安はある

他に購入時に意識していなかったものは、アプリの安全性です。有名どころのアプリくらいしか使わないだろうと思っていたのですが、プリインストールされていたゲームアプリをきっかけにいろいろと探すようになりました。そうすると、無料で使えるものが多くて助かりはするものの、開発元はよく知らないところが多いので、注意してインストールしています。その点、事前審査のあるiOSのアプリの方が気楽かもしれません。

タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの使い方・活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。

ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ