タブレットのネット接続方法はWi-Fiか、LTEか?両方にした。

タブレットの利用にはネット接続を伴います。タブレットではいくつかの方法でネット接続できますが、端末購入時に選んだモデルによって採れる接続方法の種類が決まってきます。

そのため、あらかじめ自分の好みの方法で接続できるかを確認した上で、タブレットを購入することになります。私はLTE SIMフリーモデルを選びました。

LTE SIMフリーモデルを選んだ理由も兼ねて、使用ネット回線を考慮したタブレットの選び方を紹介します。

※ページの内容は、購入後に気づいた注意点なども、随時、加筆・修正を行っています。

タブレットのネット接続の種類

  • Wi-Fiモデル
  • LTEセルラーモデル
    • キャリアモデル
    • SIMフリーモデル

LTEモデルはWi-Fiも使える

Wi-FiモデルはWi-Fi接続でのネット利用できるモデルであり、端末自身でのデータ通信は行えません。ネットを利用するなら必ずWi-Fi環境下にいなければなりません。一方のLTEモデルは、端末自身でのデータ通信もできますし、Wi-Fi環境下にいればWi-Fiも利用できます。

Wi-Fi接続のみしか使えないWi-Fiモデルの方がLTEモデルよりも安価で購入できます。

Wi-Fi、LTEのネット接続方法

Wi-Fi

Wi-Fiとは無線LANの通信規格の一つです。通信基地局→WAN接続→端末→Wi-Fi接続→タブレットといった具合に、自身で通信基地局とデータ通信を行わずに端末を中継してデータ通信を行います。

自宅に固定回線契約した端末があれば、無線ルーターによるWi-Fi接続で固定回線に繋がりますし、WiMAXなどのモバイルルーター端末があれば、Wi-Fi接続でWiMAX回線に繋がります。

自宅内専用にするつもりのタブレットでも、Wi-Fi環境が整っていなければ当然Wi-Fiには繋がりません。スマホテザリングで対処することもできますが、この機会に固定回線を引くか、ソフトバンクエアーのような工事不要なモバイル回線を引くのもよいと思います。

LTE

LTEはWANに使われている通信回線の一つです。通信基地局→LTE接続→タブレットといった具合に、間に中継器となる端末を介さずにタブレット自身でデータ通信を行えます。

ただし、中継器となる端末がありませんので、タブレット自身を通信回線と契約するか、回線契約したSIMカードをタブレットに挿入して使うことになります。

SIMカードの例)IIJmio

Wi-Fi、LTEの選び方

タブレットをWi-Fi環境の整った屋内でしか使わないのであれば、Wi-Fiモデルです。屋外使用も考えたとき、Wi-Fi、LTEの選択基準は、携帯性重視、通信量重視で分かれます。

携帯性重視ならLTE

携帯性重視ならタブレット自身で通信を行えるLTEの方が余分な機器を持ち歩かずに済むので使いやすいです。

欠点は、LTE回線は通信量制限の厳しいものが多いことです。ただし、LTEモデルではWi-Fiも使えるため、通信量はWi-Fiで補うこともできます。

通信量重視ならWi-Fi

Wi-Fi接続で使用する回線には、通信量制限の緩いものもあります。屋内使用であれば固定回線ですが、屋外使用であればWiMAXが代表的なサービスです。WiMAXはモバイルルーターとして屋外への持ち運びも可能です。

欠点は、タブレット以外にルーターを持ち歩かなければならない分、携帯性が下がることです。また、このような通信量制限の緩いモバイル回線は、電波の繋がりにくいものが多く、LTE以上に使用したい場所で使えないことがあります。

携帯性も通信量もどうでもいい場合

持ち運ぶこともネットに繋げることも少ないのであれば、Wi-Fiモデルです。テザリングを利用できるスマホを持っているのであれば、スマホとタブレットをWi-Fiで接続してネットを利用できます。

Wi-Fi、LTEの通信料の例

Wi-Fiの例

Wi-Fiの例としてWiMAXを紹介します。WiMAXのギガ放題プランでは、WiMAX2+の月間制限がなく、3日間10GB制限のみであり、実質月間100GB程度利用できます。

WiMAXはどこで契約するかによって金額が異なりますが、ギガ放題プランなら4,380円程度が目安の金額です。1GBあたり50円以下で利用できます。

屋内専用なら固定回線

通信量制限や通信の安定性の問題から、屋内専用なら固定回線です。屋内専用にWiMAXのようなモバイルWi-Fiを使うのは、賃貸住宅で大家の許可が得られないなど、固定回線を引けないときの妥協案です。

LTEの例

LTEの例として、格安SIMの料金を紹介します。

まずは、タブレットセットのある格安SIMの中からIIJmioを紹介します。

データSIMの月額料(2017/9/1確認)
docomo au※1
3GB 900円 900円
6GB 1,520円 1,520円
10GB 2,560円 2,560円

※1 IIJmioのau SIMはデータSIMではなく、SMS付データSIMになります。

+データオプション20GB、30GB:+3,100円、+5,000円

公式サイト:IIJmio

こちらは最低料金なら900円と低料金に抑えられます。IIJmioは3GBが最低容量プランですが、他のSIMならより少ない容量で低価格に抑えられるものもあります。

格安SIM料金の一例

Wi-Fiモデル、LTEモデルによって購入場所が異なる

タブレットのモデルによって購入場所が異なります。なお、LTEモデルはキャリアモデル、SIMフリーモデルで分かれます。

Wi-Fiモデル

Wi-Fiモデルはネット回線契約を伴わずに購入できる端末です。そのため、家電量販店のネット通販のようなものでも購入できます。

キャリアモデル

キャリアモデルでは端末購入と同時に回線契約を伴うため、店舗でなければ購入できないこともあります。ネット注文するならキャリアのオンラインショップぐらいだと思います。

SIMフリーモデル

SIMフリーモデルは、購入時のLTE回線の契約は必須ではないため、Wi-Fiモデルと同様に家電量販店のネット通販などでの購入も可能です。ただし、端末の購入と同時にLTE回線の契約も一緒に行うこともできます。

詳しくは、SIMフリータブレットはどこで購入するのか?を参考にしてください。

自分はLTE、Wi-Fiの両方使えるように選んだ

これまでの話の通り、タブレットではWi-FiとLTEのどちらかを選ばなければならないとは限らず、LTEを使える方を選べばWi-Fiも使えるのが一般的です。

Wi-Fiモデルの方がLTEモデルよりも端末価格は安いのですが、後々、屋外に持ち出したくなったとき、携帯性が悪いことを理由に買い替えたくなるかもしれません。LTEモデルならその心配が要りません。

また、LTEモデルでもSIMフリーモデルでは端末購入時のネット回線契約は必須ではありません。

私はWiMAXのモバイルルーターも持っているのでWi-Fiモデルでもよかったのですが、以前、SIMフリーのモバイルルーター用に契約したSIMカードが余っていたので、それも活用したいと思ってSIMフリーモデルにしました。それでLTEもWi-Fiも使えます。

タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの使い方・活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。

ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ