タブレットを液晶ペンタブの代わりとして使う

ペンタブ関連のページは内容が薄いため、近いうちに整理して1ページにまとめたいと思います。

iPadなどのタブレットはスタイラスペン、タッチペンとあわせて使うことでペンタブ化するお絵かき用のタブレットとして使うことができます※。そこで、気になるのはペンタブ化ペンタブの代わりに使うことのデメリットです。どんな問題があるのでしょうか?

デメリットを考えるにあたって、それぞれの目的に分けて確認するポイントを押さえたいと思います。

※「ペンタブ化」という言葉は誤解を招きやすい表現でしたのでやめました。ここでは、液晶ペンタブや板タブをPCに繋げて使うような方法を紹介しているわけではありません。

お絵描き用タブレットとして利用するときの問題点

ソフトの問題

まず、ソフトの問題です。ペンタブがあれば絵を描けるわけではなく、何かしらのお絵かきソフトが必要です。本格的な絵を描くためには充実した機能があるソフトを選んだ方がよいでしょう。

そうなったときに、そのソフトをiPadなどのタブレットにもインストールして使用できるのかが問題になります。インストールできたとしても、メモリのスペック不足により、本来のソフトの機能を活かしきれないことも考えられます。

描きやすさの問題

次に、動作の読取精度や画面の感触(滑りやすさ)など、描きやすさの問題です。

どんな機種でもお絵かき用タブレットとして使えるのか?

タブレットはタッチパネルを採用しており、ほとんどの機種が液タブや電子ノート替わりに使えるはずです。ただし、使用するペンの選択を誤ると使えないこともあります。

座標検出方式を確認する

タブレットやのタッチパネルに採用されている座標検出方式は、静電容量方式、電磁誘導方式、それらのハイブリッドなどがあり、機種によって異なります。

そのため、それにあわせて同じ方式のペンを選びます。使用するタブレットが静電容量方式、電磁誘導方式のどちらを採用しているかが選択基準の一つとなります。

ハイブリッド方式のタブレットの機種ならどちらのペンにするか迷うかもしれません。静電容量方式よりも電磁誘導方式の方が正確な座標を検出しやすいです。

採用率が高いのは静電容量方式

静電容量方式の利点は、ヒトの指で操作できる静電気を利用したものであり、対応している機種が多いことです(ただし、ペンを購入する際には念のために動作確認機種を見て選ぶのが無難です)。加えて、電磁誘導方式のペンよりも価格が安い傾向があるのも魅力です。

静電結合方式に期待

静電容量方式と似た名前のものに静電結合方式がありますが、これらは別物です。低コストでありながら高い精度を得られる方式として注目を集めています。ただし、現在の対応機種は一部に限られます。

実際に静電容量方式のタッチパネルで試してみた

タブレットではありませんが、私の使用しているノートパソコンはタッチパネルを搭載しています(タブレットとしても使える)ので、液晶ペンタブとして使ってみることにしました。

静電容量方式のパネルでしたので、試してみたのは静電容量方式のペンであるjot proです。ソフトはクリップスタジオ(無料体験版)を使ってみました。

実際に使ってみると、板タブを使って書く(描く)のに比べると直感的に線を描ける利点は大きく、直線も描きやすい印象を受けました。

その一方で、静電容量方式のためか、座標検出の精度が甘く、丸を黒く塗りつぶしたり、線の描き始めを合わせたりするのに困難さを感じる上に、描いた線がガタついて綺麗な線にならないこともあります。

画面の材質による滑りやすさはそんなに問題に感じませんでしたが、そもそも座標検出がずれるので滑りやすさ以前の問題が大きかったためだと思います。

加えて、パームリジェクション機能がついていないペンなので、描画面に手が触れると余計な線がついてしまい、拡大やスクロールしたいときに不便です。

このようにタッチパネル搭載端末を使用する際には、タブレットやペンの性能をよく確認した方がよいです。

タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの使い方・活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。

ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ