タブレットの利用に最低限必要な料金、予算はいくらか?

もし、タブレットの利用料金が毎月8,000円もかかるというのであれば、そこまでして持ちたい人は少ないはずです。あるいは、月額利用料が安くても、端末代に10万円もするというなら、それもまた必要な人は限られてくるでしょう。タブレットは1台持っていると確かに便利です。ですが、購入を決めるのは毎月の利用料金などのお金あってのこと。まずは、おおよその予算を押さえるのが望ましいです。

タブレットの端末代

タブレット端末はピンキリなので高いものを選べば高くもなるし、安かろう悪かろうで考えればうんと安くできます。具体的な金額でいえば、10万円にもなれば1万円でお釣りがくるものもあります。

自分は4万円程度のものを使っている

参考程度に自分の使っているタブレット(SIMフリーモデル)の金額を挙げると、4万円程度のものを使っています。これでもそこそこ快適に使えています。さすがに、タブレットに10万円は出せません。むしろ、同じSIMフリーモデルでもう少しスペックを落としたものに、2万円台で買えるものもあり、それでも悪くない気がしています。

タブレットの利用料

タブレットの利用料とは、主にインターネットの通信料になります。ネット回線の利用料金はどの回線を使うかによって差が大きく、ちゃんと選ばないと割高な利用料金を支払うことになります。

タブレットの通信料は安く抑えられる

自宅に固定回線を引いている家庭で、タブレットを自宅内でのみ使うのであれば、新たにネット回線を契約する必要はありません。その場合は、タブレットの毎月の利用料は無料です。屋外利用したいときでも、格安SIMを使えば、通信料を安く抑えられます。

格安SIMの通信料

タブレットで契約できるネット回線は様々です。ここでは最低でもいくらかかるのかを理解してもらうために、通信料を抑えやすい格安SIMの料金について紹介します。

毎月最低1,000円弱が目安の通信料

通信料は使用通信量をいくらに設定するかで変わり、通信量が多いほど利用料金も高くなります。通信量を少なくすれば料金は安くなりますが、あまり少ない量に設定してしまうと、後から追加する方が割高となってしまうので、多少余裕のあるプランから始めるのがおすすめです。そうなると、3GBの通信量で1,000円弱の利用料金を最低維持費の目安として考えるのがよいかと思います。

月間の使用通信量の設定

タブレットで利用するネット回線の料金は、あらかじめ、毎月の通信量を決めて料金を支払うのが一般的です。このようなプランを利用するときは、決められた通信量以上に超過して使ってしまった場合でも、通信速度が遅くなるだけで通信料が加算されることはありません。

月の途中での通信量追加もできる

当初に決めておいた通信量を超えてしまうと、快適な通信速度を得られなくなります。そういったときは、加算通信量分の追加料金を支払うことで高速通信を行えます。※契約する格安SIMによります。

利用料金は毎月変更できる

最初は多めの通信量プランにしていたけど、そこまで使わなかったり、もう少し安くしたいときには、ネットで翌月以降の通信量プランの変更を行えます。この通信量の変更には手数料は発生しないのが一般的です。

特典を利用すればもっとお得に

契約する会社によって、様々な特典があります。なかには、提携ネットショッピングの購入額の何%かが毎月の通信料から引かれるものや余った通信料がマイルになるものもあります。もし、タブレットを余り利用しない月があったとしても、その分の通信料を無駄にせずに済むかもしれません。

その他にかかる料金

格安SIMを利用するためには、毎月の利用料以外に契約時の登録料(3,000円程度)などもかかります。

タブレットは端末代にいくら費やすかがポイント

タブレットの通信料は、場合によっては無料、あるいは少額に抑えることも可能です。そうなると、端末代にいくら支払ってもよいかがポイントでしょう。なお、格安SIMとセット販売されているものは2万円台のものが多く、月額利用料とあわせての分割払いなら負担も少なくできます。

タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの使い方・活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。

ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ