タブレットで表示される画面はPCサイト、スマホサイトのどちらか?

スマホでWebサイトを閲覧すると、もはや多くのサイトはデザインがスマホに最適化されており、PCサイトとは異なるデザインで表示されます。では、スマホとパソコンの間のような存在であるタブレットでは、どのようにWebサイトが表示されるのでしょうか?

タブレットの閲覧デザインは基本的にスマホと同じ

タブレットもスマホと同じモバイル端末のひとつですので、基本的にはモバイル用のデザインでサイトが表示されると考えてよいです。

※ PC向けデザインしか用意していないサイトは除きます。

ブラウザの設定変更でPCサイトも閲覧できる

Chromeなどのブラウザには、PCサイトデザインへの切り替え機能を持っているものも多いので、タブレットでもPCサイトを閲覧できます(これはスマホでも同様の機能を使えます)。ただし、なかにはPCサイトのデザインに切り替えようとしても、モバイル用のデザインが表示されてしまうものもあります。

タブレットに最適化されることもある

端末の画面に表示されるWebサイトの横幅のサイズは、パソコン>タブレット>スマートフォンといった順の大きさとなり、この端末の幅にあわせてWebサイトのデザインを変更するように設定しているサイトもあります。このようなサイトでは、PCサイト、スマホサイトのデザインではなく、タブレット用のデザインが表示されます。ただし、細かくページ幅を設定せずにタブレットを省いたパソコンとスマホだけの設定を行っていることもあります。

PCサイトが表示されることもある

前項で紹介したように、モバイルデザインでの表示の有無を画面の幅で判定していることもあります。そのような場合、モバイル表示に設定された画面の幅よりもサイズの大きいタブレットでは、スマホサイトではなく、PCサイトが表示されることもあります。

PCサイト閲覧の必要性

タブレットだけでなく、スマホでもPCサイトの閲覧自体はできますが、画面サイズが小さいのでPCサイトはどうしても見にくく、PCサイトも見たいならタブレットの方がおすすめです。ただ、そこまでしてPCサイトを見る必要があるのかは、人の好みによって異なります。

PCサイトは情報の一覧性が高い

スマホはページの先頭から順を追って読んでいくのであれば問題ありませんが、ページの下部の方に知りたい情報が記載されているといったときには、最後まで読まなければ欲しい情報にたどり着けません。一方のPCサイトは比較的どこにどんな情報が載っているか、瞬時の判断を行いやすいので、欲しい情報にたどり着くのも楽です。

PCサイトとスマホサイトでは掲載情報が異なることもある

スマホサイトは、狭い画面サイズの中で表示できる情報に限りがあるため、重要な情報(利用者に見てもらいたい情報)に絞り、不要な情報は表示されないようにしているなど、デザインだけでなく掲載情報もPCサイトと異なる内容にしていることもあります。

SIM選びに迷ったら、3GBが半年間月額数円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら3GB(840円~)が半年間月額数円(ユニバーサルサービス利用料)で利用できます※。
※その他、事務手数料などはかかります。
DTI SIMの詳細はこちら:DTI SIMを使い倒す

このページの先頭へ