タブレットでペンタブと同じようにお絵かきできるか?

最終更新日:2017年4月3日

ペンタブを購入しなくても、タブレットさえあれば事足りるのではないか。そんなことを考えている人も多いと思いますが、実際にはどうなのでしょうか?

ペンタブレットの種類

タブレットとペンタブレットの違いを理解するために、まずはペンタブの種類について知っておいた方が理解しやすいと思います。ペンタブには大きく分けて、板タブと液タブがあります。

板タブ

液晶画面のついていないペンタブであり、描き込みの入力しか行えず、描いたものの表示は行えません。そのため、描いたものを表示するためのディスプレイが必要になります。

液タブ

液タブは、板タブに液晶画面がついたものです。描き込みの入力と同時に表示も行えるので、紙に描くのに近いと思います。液タブは板タブよりも高価であり、私も板タブは所有していますが液タブの使用経験はありません。

液タブPC

液タブPCは、液タブにPCの機能がついたものです。板タブは描画を表示できないので、表示するためのディスプレイとしてPCを用いるのはもちろんのことですが、表示機能を備えた液タブであってもPCは別途必要です。PCも不要なペンタブは、液タブPCになります。

板タブ 液タブ 液タブPC
入力
PC要
入力・表示
PC要
入力・表示
PC不要
PC機能の必要性

板タブにしろ、液タブにしろ、液タブPC以外のペンタブは、別途、PCを用意しなければ使えません。入力、表示はできたとしても、肝心なお絵かきソフトをインストールするPCが必要です。

タブレットと液タブPC

タブレットのお絵かきは、上のペンタブの中では液タブPCの使い方に近いと思います。ですが、価格はまったく異なります。タブレットなら2万円台などでも購入できますが、液タブPCはとてもそんな金額で買える代物ではありません。タブレットの方が手が届きやすいですが、その価格差の理由については押さえておいた方がよいです。

タブレットは座標検出精度が低い

タブレットとペンタブの違いの一つに、座標検出能力の差があります。タブレットは安価で購入できて液タブPCのような使い方もできますが、座標検出能力は低いです。それに対して、ペンタブは一番安価である板タブであっても座標検出能力は高いです。

座標検出能力が低いと、線と線がズレやすく、描きにくさがあります。

座標検出能力の高いタブレットは値段も高価

座標検出能力の高いタブレットもないわけではありませんが、そういったタブレットは、結局、それなりの値段のするものになってしまいます。安価なタブレットは静電容量方式と呼ばれる静電気を利用した検出方式です。

気軽に始められるのはタブレット

現段階では、絵を描くという点だけを見ればペンタブの方が優れているように感じますが、タブレットの機能も追い上げてきています。なので、お金のある人ならペンタブの購入、高機能なタブレットの購入のどちらの選択肢も検討してみる価値があります。

ですが、お金の余裕のない人ならタブレットです。ペンタブは板タブだけあってもPCもなければ使えないので、PCの購入費用もかかります。タブレットならタブレット代のみです。

SIM選びに迷ったら、半年間月額3円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら半年間月額3円で利用できます※。
※2017/9/20確認時点。その他、事務手数料などはかかります。
詳しくはこちら:「DTI SIM」お試しプラン
radikoやSpotifyの標準音質なら200Kbpsでも再生可能
低速通信へ切り替え可能な格安SIMなら通信量の節約も期待できます。当サイトで紹介してるタブレットセットのある格安SIMの中にも、切り替え機能をもったものもあります。
タブレットセットのある格安SIM
タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。
ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ