タブレットではフラッシュプレイヤーを使えるのか?

Webサイトなどを始めに、以前はFLASHを使ったものが多くありましたが、徐々に使われるケースが減っていき、HTML5の登場によって一層影の薄い存在となりました。ただ、今でもFLASHが使われているサイトもないわけではなく、そういったサイトではゲームなどを始めにFLASHでしか利用できないものもあります。

タブレットではFLASHは使えないのか?

WebブラウザでFLAShプレイヤーが必要なものとして、ネット回線の通信速度を測定するスピードテストがあります。FLASHを使ったものが多いです。

ですが、タブレットのChromeブラウザでUSENのスピードテストにアクセスしてみても、FLASHプレイヤーが入っていないのでスピードテストを行えません。

表示されるリンクから、FLASHプレイヤーをダウンロードできるサイトへ移行してみても、使っているタブレットの端末に対応していないことがわかります。

本当にタブレットではFLASHは使えないのか?

ここまでで、やっぱりタブレットではFLASHは使えないのではないかと思ってしまうかもしれません。

別のブラウザPuffinで試す

タブレットを購入した時点で、WebブラウザアプリはChromeの他に、Puffinがプリインストールされていました。このPuffinというブラウザがどんなものなのかよく知らなかったので調べてみると、FLASHプレイヤーが使えるブラウザらしい。

PuffinならFLASHのスピードテストも動く

そこで、先ほどのUSENのスピードテストを今度はPuffinで試してみると、通信速度の計測のロードが始まり、何の問題もなく通信速度の結果が表示されます。

フラッシュゲームも試してみる

FLASHを使いたい理由のひとつは、ゲームをしたいから、そんな人もいると思います。なので、ゲームでも試してみます。パソコンでは将棋のフラッシュゲームで遊ぶことがあったので、Puffinで試してみると、パソコンのブラウザと同じように遊べるのを確認できました。

タブレットでもFLASHプレイヤーを再生できる

タブレットではFLASHは使えないのではと思っている人もいるかもしれませんが、タブレットでもFLASHを使えます。自分のタブレットはAndroidなので、もし、Puffinがプリインストールされていなかったとしても、Google Playからダウンロードできるのも確認しています。

そのほかにもFLASHプレイヤーで検索するといくつかアプリが出てきます。FLASHを利用できるかどうかでタブレットの購入を迷っていたのなら、タブレットでもFLASHを使う方法はありますので、安心して購入して構いません。

ちょっと言い過ぎた感があるので、トーンダウンして、検討してみる価値はある程度にしておきます。

※なかには利用できないコンテンツもあるようですので、利用したいコンテンツがあるのであれば、コンテンツごとに確認してみるのがよいと思います。

SIM選びに迷ったら、3GBが半年間月額数円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら3GB(840円~)が半年間月額数円(ユニバーサルサービス利用料)で利用できます※。
※その他、事務手数料などはかかります。
DTI SIMの詳細はこちら:DTI SIMを使い倒す

このページの先頭へ