FAXは不要?eFAXとスマホ、ペンで必要性ないかもしれません

最終更新日:2017年8月19日

ペンタブ(タブレット+スタイラスペン)の使用用途にどんなものがあるのかを考えると、インターネットFAXとの組み合わせなんてのもあります。

電子メールなどのデジタルでのコミュニケーションが発達した今日でも、未だにFAXでのやり取りは根強く残っています。

ですが、このFAXは現代ではすごく不便に感じることが多いと思います。

  • 外出中に受信した内容を確認できない
  • 外出中にFAXに送信するのが難しい
  • 紙の管理が煩わしい

特に小さな事務所や一人で個人事業を行っていて事務所に人が不在であるときが多いなんて場合には使いにくさを感じているところもでしょう。

こういったデメリットがあるので可能であればFAXは持ちたくないのが本音の人も多いと思いますが、そうはいっても取引先との関係もあるので自分の都合だけでFAXを置かないわけにもいかないので仕方なく置いてあるところもあると思います。

本当に困った問題です。

FAXをEメールで受け取れるサービスもある

上で挙げたような欠点はどれもEメールなら解決できるものばかりです。なので、もしFAXをEメールのように受け取ったり、送信したりすることができればすごく便利ではないでしょうか?

実はそういったサービスはすでに存在しています。

そういったサービスの一つがeFAXです。

eFAXの商品説明によると、相手から送られたFAXの内容をPDFで受信することができ、なおかつ、Eメールで相手のFAXに送信することもできるそうです。

このサービスを利用すれば、外出時にもFAXが届いていないか心配する必要はなくなり、ペーパーレス化だって捗ります。

PDFに手書き入力できればもっと便利

FAXをメールで送受信できるのはすごく便利ですが、それだけだと不十分な場面も多いでしょう。

  • 注文書に納期を記載して返信したいとき
  • 会合の出席・欠席に丸をつけて返信したいとき

上のような内容で送られてきた文書をフォーマットを変えずにそのまま返信したいときに、ただ単にPDFで送受信できるというだけでは結局印刷して書き込まなければいけなくなります。

そういったときでも手書き入力ができれば便利です。ここでようやく登場するのがペンタブレットです。

ペンタブレットとはキーボード入力でなくて手書きで文字や図形を書き込める端末です。受け取ったPDFもペンタブレットで文字を書き込めればより便利になるでしょう。

ただし、通常、PDFは後から編集できない形式のファイルです。なので、後からでも手書き入力を加えられるソフトも用意しましょう。そういったソフトでも無料のものもいくつかあります。

なお、こういった用途でペンタブを使うのには、あえて専用ペンタブを使うよりもタブレットを使う方が向いていると思います。

いきなり契約せずとも無料で試せる

eFAXとペンタブ、PDFに手書き入力するソフト。これらを使えば従来のFAXを使ったやり取りよりも便利そうであることはなんとなくイメージできたと思います。

ですが、今まで使ったことのないものをいきなり契約するのには抵抗がある人もいるでしょう。

eFAXには無料体験期間がついていますので、まずはそちらで上の内容を試してみてから利用を決めるのがよいと思います。

なお、契約は法人でも個人でも可能です。

SIM選びに迷ったら、半年間月額3円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら半年間月額3円で利用できます※。
※2017/9/20確認時点。その他、事務手数料などはかかります。
詳しくはこちら:「DTI SIM」お試しプラン
radikoやSpotifyの標準音質なら200Kbpsでも再生可能
低速通信へ切り替え可能な格安SIMなら通信量の節約も期待できます。当サイトで紹介してるタブレットセットのある格安SIMの中にも、切り替え機能をもったものもあります。
タブレットセットのある格安SIM
タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。
ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ