タブレットでの電子書籍購読環境、通信速度、通信量

最終更新日:2017年3月16日

タブレットの利用目的として最も多いのではないかと思われる電子書籍。字の大きさを考えると、スマホでは読みにくくてもタブレットなら読みやすいサイズです。電子書籍を読むためだけにタブレットを購入する人がいてもおかしくありません。

電子書籍の購読方法の確認

電子書籍は一部無料のものはあったとしても、紙の書籍を電子化したものですから、基本的には有料です。そのため、電子書籍を読むまでにはいくつかの手順を踏みます。ここでは、BookWalkerで電子書籍を購入したときのことを例に紹介します。

電子書籍アプリをインストール

電子書籍アプリは様々ありますが、電子書籍を購入するストアが提供しているアプリを入れれば、購入した電子書籍をアプリで読めるようになります。

電子書籍ストアの会員登録

アプリをインストールしても、そのままでは使用できる機能がほとんどありません。アプリの機能を利用するために会員登録を行います。会員登録に必要なのはメールアドレスのみであり、ここでは決済情報の入力は不要です。

年齢確認あり

利用者が成人、未成年のどちらかを確認するために、生年月日の入力を行います(厳密には、誕生年・月のみ)。

電子書籍の購入

決済手段はいくつかありますが、一般的なネットショッピングのやり方と同じように、購入商品をカートに入れ、決済情報の入力、注文の確定といった流れで購入できます。

雑誌読み放題サービス

雑誌の電子書籍もあり、他の電子書籍と同様に1冊ごと購入することもできますが、月額定額の雑誌読み放題サービスの方がコストパフォーマンスは高いのでおすすめです。

購入書籍のダウンロード

電子書籍を購入すると、ダウンロードが可能となり、購入した電子書籍を読めます。

ダウンロード中でも読み始められる

ネット環境にもよりますが、ダウンロード完了までには多少時間がかかります。ですが、プログレッシブモードにしておけばすぐに読み始められるので、ダウンロードの完了を待つ必要はありません。

電子書籍の読書に必要なネット環境

電子書籍の読書に必要な通信量

屋外環境で電子書籍をダウンロードして読むとき、気になるのは通信量です。電子書籍でも本によってページ数や絵、文字の量などが異なりますので、すべて同じというわけではありません。

コミック1冊60MB程度

試しにコミック2冊をダウンロードしてみたところ、1冊60MB程度といったところでした。ただし、同じタイトルの巻数違いのものでも容量は変わってくるので、おおよその見当をつけるための参考程度です。少なくとも1冊で何百MB、何GBにもなることはあまりないと思います。

電子書籍を読むのに必要な通信速度

一度ダウンロードしてしまえばオフライン環境での利用もできますし、ダウンロード完了後に読むのであれば通信速度が遅くても長い時間待っていればいつかは読めると思います。

200Kbpsではダウンロード中の読書は難しい

200Kbpsは格安SIMの制限後の速度、あるいは高速通信OFF時の低速通信の一般的な速度ですが、格安SIMの制限後の速度でプログレッシブモードによる読書を試してみました。その結果、まったく読み込まれず、ページが表示されません。

これからネット回線を契約するなら

通信量プランへの影響

電子書籍の通信量は、動画再生の通信量に比べたらたいしたものではありません。動画は通信量を気にせずに見たいとなればWiMAX ギガ放題プランがおすすめですが、電子書籍ならそこまで必要な通信量にはなりにくく、格安SIMでも十分です。格安SIMの通信量プランをどのくらいにするかは月の購読数によりますが、多めに読むにしても電子書籍用に+2GBあればたいてい足りるのではないかと思います。

再ダウンロードの通信量

端末の内蔵ストレージが一杯であれば、一度書籍データを削除して、読みたくなったときに再ダウンロードもできますが、当然、再ダウンロードには通信量が発生します。

高速通信ON/OFFはあれば尚良し

電子書籍の購読は200Kbpsでの利用は厳しいので、低速通信に切り替えて読むのは期待できません。ですが、200Kbpsで読めないということは、電子書籍を読むために高速通信を使える通信量は節約しておいた方がよいとも言えます。200Kbpsでもネットサーフィンなどはできるので、その辺りは高速通信を節約して、電子書籍を読むのに回すのもよいと思います。もっとも、自宅に固定回線の環境があるのなら、ダウンロードするのは自宅だけと決めておくのでも構いません。

SIM選びに迷ったら、半年間月額3円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら半年間月額3円で利用できます※。
※2017/9/20確認時点。その他、事務手数料などはかかります。
詳しくはこちら:「DTI SIM」お試しプラン
radikoやSpotifyの標準音質なら200Kbpsでも再生可能
低速通信へ切り替え可能な格安SIMなら通信量の節約も期待できます。当サイトで紹介してるタブレットセットのある格安SIMの中にも、切り替え機能をもったものもあります。
タブレットセットのある格安SIM
タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。
ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ