イラスト初心者なのでオンライン講座を受講してみた

最終更新日:2017年4月10日

受講理由

ペンタブ購入とあわせてイラスト力の向上に挑戦。文章だけでは説明しにくい情報にイラストが加わるとわかりやすくなるだろうし、どうせなら味のある手書きのイラストを載せられればなぁといったところです。

イラスト歴

ほぼなし。Webサイトに載せる画像はドローソフトの図形ツールを組み合わせて作ったりする程度ならあります。小学生くらいの頃は好きな漫画のキャラクターの絵を描くぐらいはありましたが、それ以降はまったくないと言ってよいくらい経験はないです。

他形式と比較したオンライン講座の特徴

  • 受講料が安い
  • 教材が動画
  • しっかりした講師

オンライン講座は何といっても価格が安いので気軽に始められるのがよいです。私が利用したArtLessonsはスポット契約で月3,500円程度、年間契約なら月2,000円程度です。ちなみにクレジットカード払いを選択するなら無料体験期間が付くので、今のところ無料で使っています。

イラストの講座というと通信講座もありますが、オンライン講座に比べると金額は高く、一桁異なるのも普通でしょう。ただし、その分教材はオンライン講座よりも充実しているようには見えます。

教材が動画なのはやはりわかりやすくて良いです。絵の描き方を載せたサイトは検索で探せばたくさん出てくると思いますが、動画だとひとつひとつの線の描き方がよくわかるので動画を見ながら自分も一緒に描きやすいです。

動画というとYouTubeなどで探せば似たようなものを探せるのではないかと思うかもしれませんが、ArtLessonsのオンライン講座は講師が東京藝術大学の現役生・卒業生が多いということなので、自己流の描き方ではなくてちゃんと絵の勉強を学んでいる人のものをお手本にできるのがポイントです。

実際に受講してみた感想

Artlessonsのオンライン講座をいくつか受講してみました。試しに受講してみたのは男性・女性の顔の描き方などの講座です。

人の顔はイラストを描く上で頻繁に描くことになるものだと思いますが、男女を描き分けるのって意外と難しいと感じている人も多いのではないでしょうか?私も髪型で変えるくらいしかできない人です。

オンライン講座を受講することで男女描き分けられるようになるのでしょうか?

最初は半信半疑で動画で紹介する手順に沿って同じように描いていきます。

このレッスンは作業工程をいくつかの動画に分けており、全体で20分程度の動画です。これが結構便利です。初心者なので苦手なところを何度も繰り返し練習したいときに使いやすいです。

はじめこそ半信半疑でしたが、完成してみるとなんとなく男女を描き分けられた気がします。時間の関係上なのか、もう少し細かく説明してほしいところもあったのですが、とりあえずはこれでよしとしましょう。
※描いた絵は載せてもよいのかを確認取れ次第載せたいと思います。

他の細かいパーツの部分については別のレッスンで紹介しているそうです。

ちなみに、ArtLessonsではアナログ(紙)向けの講座です。ですが、アナログの技法もデジタルに活かすことは可能だそうで、今回試しに描いてみた男女の顔もペンタブで描いてみました。

初心者~自己流から卒業したい人もOK?

ArtLessonsを利用してみたところ、初心者の私にも取っ付きやすいレベルからの内容に感じました。講座の数もまだこれから増やしていくところらしいですが、すでに100を超える動画を掲載しています。

初心者から始める人にとっては結構なボリュームに感じると思います。初心者から始めたいけどあまり時間も取れない人に向いている気がします。

趣味としてこれから始める人にはまさにうってつけのサービスですし、中級者でも今まで自己流で描いてきて基本から見直したいという人にもよいのかもしれません。

レッスンによって講師が変わるのが少し不安

動画に出てくる講師はレッスンごとに異なります(声でしか登場しませんが)。前のレッスンではわかりやすかったけど、今度のは講師が違うからどうだろうという気持ちで見始めるので少し不安があります。

月額3,500円は高い?

前述の通り、スポット契約なら月3,500円程度かかります。絵画教室に通うなどの他形式の講座を受講するのに比べれば十分に安いのだとは思うのですが、それでもポンッと出せる金額ではありませんし、契約した月は集中的に取り組む気がないともったいないように感じる金額です。

年間契約なら月2,000円程度になりますので、ゆるく取り組んでいくのでもこのくらいの金額なら許容範囲だと感じます。ただし、一年間続けられるかの判断は難しいです。これは試してみて各自で判断していただくしかないでしょう。

ちなみに、マイページにプラン変更の項目があるので途中でスポット契約から年間契約への変更はできるようです。実際に試してみてはいないので無料登録した際には自分の目で確認してみてください。

ArtLessonsの登録の手順

  1. メールアドレス、契約期間の入力
  2. 決済方法の選択
  3. ユーザ情報の登録
  4. コースヒアリング

上の1、2についてはここで説明しなくても公式サイトを見てもらえればわかると思いますので省きますが、気になるのはその下でしょう。

ユーザ情報の登録画面では、ニックネームや性別、生年月日、住まいなどの入力を求められますが必須なのはニックネームのみです。それ以外は未入力でも次に進めます。

次にコースヒアリングです。ArtLessonsでは動画をコースとレッスンで分けています(詳細は後述)。どんなレッスンを受けたいか、どうしてオンライン講座を受けようと思ったかなどを選択形式や記述形式で回答します。ここでの回答次第で後で提示されるおすすめのコースが異なるようです。

ただし、コースヒアリングの回答は全項目についての回答が必須というわけではないようです。私は記述形式の回答は未入力にしましたが問題ありませんでした。

コースとレッスン

ArtLessonsの講座はコースとレッスンという形式を取っています。コースはいくつかのレッスンを一括りにしたものです。コースを受講して終了すると終了証がもらえるそうです。

コースは一度に一つしか受けられませんが、そのコースを修了していなくても他のコースのレッスンの動画を見ることはできます。また、コースを一つも選択していなくてもレッスンの動画は見られます。

なので、コースの選択は後からでも構わないと思います。ただし、レッスンによっては他のレッスンを受講したのと同様の知識、経験があることを前提とした技術が必要とされることがありますので、初心者は基礎的なレッスンから取り組んだ方がよいかもしれません。

無料体験期間の注意

  • 銀行振り込みによる支払いでは無料期間なし
  • 契約継続は自動更新

無料体験期間があるのはクレジットカード払いを選択する場合です。銀行振り込みの場合は無料体験期間分だけ受講可能期間が延長されます。

無料体験期間終了後の継続は自動更新になります。継続したくない場合には退会手続きが必要です。退会手続きは「特定商取引法に基づく表記」の下に「退会手続き」のリンクがあります。

SIM選びに迷ったら、半年間月額3円で使えるDTI
DTI SIMのお試しプランなら半年間月額3円で利用できます※。
※2017/9/20確認時点。その他、事務手数料などはかかります。
詳しくはこちら:「DTI SIM」お試しプラン
radikoやSpotifyの標準音質なら200Kbpsでも再生可能
低速通信へ切り替え可能な格安SIMなら通信量の節約も期待できます。当サイトで紹介してるタブレットセットのある格安SIMの中にも、切り替え機能をもったものもあります。
タブレットセットのある格安SIM
タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。
ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ