タブレットの解約後も屋外でネット利用するには?

ドコモやauといったキャリアで契約したタブレットを解約すると、そのままではネットを利用できなくなってしまう恐れがあります。

キャリアモデルのタブレットのネット接続

まず、解約前のタブレットがどのようにネットに繋がっているかを押さえておきます。以下の2通りあります。

  • キャリアと契約した回線での通信
  • Wi-Fi経由での通信

このうち前者の「キャリアと契約した回線での通信」は解約すると使えなくなってしまいます。解約後に使えるのは、Wi-Fi経由での通信のみとなります。

Wi-Fi経由での通信とは

Wi-Fiとは、建物内などの狭い範囲で利用できる無線ネットワークです。そういったWi-Fi環境下であれば、解約後のタブレットでもそのままネットに繋げられます。

自宅でWi-Fi環境を構築する

自宅に固定回線を引いて、Wi-Fiルーターを用意すれば、Wi-Fi環境を構築できます。

欠点:固定回線は屋外に持ち出して利用するわけにはいきません。

公衆Wi-Fiを利用する

公共施設やお店などでは公衆Wi-Fiといったサービスを提供していることがあり、そういったサービスを提供しているところでもネットに繋げられます。

欠点:公衆Wi-Fiはセキュリティが高いとは限らず、利用用途によっては利用を控えた方がよいこともあります。また、公衆Wi-Fiを利用できるところを探さなければならず、いつでもどこでも繋げるのは難しいです。

モバイルWi-Fiルーターを購入する

自宅内のWi-Fiルーターを屋外に持ち出せるようにしたものがモバイルWi-Fiルーターです。モバイルWi-Fiルーターなら屋外でもWi-Fi環境を構築できます。ただし、モバイルWi-Fiルーターを利用するには、モバイル回線の契約が必要です。

欠点:余計な荷物がひとつ増えます。

テザリングでWi-Fi環境を構築する

携帯電話端末(スマホなど)にはテザリング機能の備わったものもあります。テザリングを利用することで、Wi-Fi環境を構築できます。利用するネット回線は契約済みの携帯電話回線であるため、新たにモバイル回線を契約せずに利用できます。

欠点:利用する際にテザリングの操作が必要です。

Wi-Fiに頼らないSIMカードでの通信

いつでも好きな場所で、鞄から取り出してすぐに使えるのが理想です。キャリアと契約した状態のままであれば、それができたわけですが、Wi-Fi頼りとなるとそれができなくなります。

キャリア契約と同じような感覚で利用するには、SIMカードを契約するのが最も近いです。

SIMカードを使ったタブレットの利用

タブレットをキャリアで契約すると、タブレット端末のみでなく、端末内に内蔵されたSIMカードも契約したことになります。タブレットをこれまでと同様に使えなくなるのは、このSIMカードを使えなくなるためです。

ですが、キャリア以外のところでSIMカードのみを契約することもできます。それが格安SIMです。

データ通信用の格安SIMは最低利用期間のないものが多い

格安SIMには大きく分けて2つの種類があります。

  • 音声SIM
  • データSIM(タブレットはこちらが多い)

タブレットには音声通話機能のついてないものが多く、その場合にはデータSIMを利用します。データSIMは最低利用期間が設けられていないものが多く、自分の使い方にあわないと思えば解約しやすいのが特徴です。

格安SIMは最低利用料金が安い

格安SIMはデータ通信量3GBで900円といったように、少ない金額から利用できます。実際の利用料金は各社異なるので自分にあった料金プランを用意しているところで契約を行うことになります。

タブレット端末によって利用できる格安SIMは異なる

データSIMはどこの回線を利用したものかでさらに分けられます。

  • ドコモ回線
  • au回線
  • ソフトバンク回線

格安SIMは、上記のよう回線を借り受けて、独自のサービスとして利用者に提供しています。

簡単なのは、いままでと同じキャリア回線を選ぶ方法

一番わかりやすいのは、いままで契約していたキャリアの回線を利用したデータSIMを契約することです。

  • mineo:ドコモ、au
  • U-mobile:ドコモ、ソフトバンク

こんな感じで扱っているSIMカードが異なっており、契約していたキャリアと同じ回線を利用しているSIMカードを選べます。

ただし、念のため、動作確認端末に自分の機種が掲載されていることを確認しておくのが望ましいです。

異なる回線を選びたい場合のチェック事項

条件によっては、今までのキャリアとは異なる回線のデータSIMを利用できます。

端末のSIMロック解除を行う

キャリアで契約したタブレットは、他社回線のSIMカードを使えないようにロックされています。他社回線のものを利用するには、SIMロック解除の手続きが必要です。

SIMロック解除の手続き方法は各社異なっており、条件によっては手続きできない場合もあります。詳しくは契約キャリアで確認してください。

製品の仕様を確認する

SIMロック解除が有効なのは、もともとの端末仕様で複数キャリアのSIMカードが利用可なものを、キャリア側でロックしていた場合です。

たとえば、もともとの製品仕様でドコモのSIMカードのみ対応しているものをSIMロック解除したところで、auのSIMカードを使えるようにはなりません。

一方、製品仕様でドコモとauのSIMカードに対応しているものを、キャリア側の都合でauのSIMカードは使えないようにしていた場合には、SIMロック解除でauのSIMカードも使えるようになります。

タブレットで格安SIMを利用する欠点

最低利用期間がない、最低利用料金が低いといったメリットの多い格安SIMですが、欠点もあります。

回線が混雑しやすく、通信速度が遅くなることがある

格安SIMは、ドコモやauといったキャリアから回線を借りて、独自のサービスとして利用者に提供しています。そのため、設備投資不足によって、キャリアと直接契約を結ぶよりも回線が混雑しやすいのが特徴です。

通信量少なめなら格安SIMはおすすめ

格安SIMは通信量が多くなると割高になり、モバイルWi-Fiルーターにコストパフォーマンスで負けることがあります。

一方、通信量が少ないのであれば、キャリア契約時と同じような感覚で利用できるのでおすすめです。

タブレットPC選びに挑戦
タブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。
タブレットの使い方・活用
タブレットの購入を迷っている人向けに、タブレットでどんなことができるのかを紹介しています。
ペンタブ選びに挑戦
ペンタブレットの購入経験をもとに基本的な選び方を紹介しています。

このページの先頭へ